志那河屋

DSC05278.JPG

ノスタルジックな看板が目を引く、大須商店街の老舗「志那河屋」。

自家製の佃煮をはじめ、おやつ感覚で頂ける鯱こんぶまで、

昆布のことなら志那河屋におまかせ♪

まさにこの店、キング・オブ・昆布。

鯱​こんぶにハマってしまい、

常に持ち歩いています♪

シェイプ 13.png

かなちゃん

web昆布オオスヒストリ.jpg

3代目、品川康夫さんに

志那河屋について聞いてみた♪

武内 大正八年創業「志那河屋」のこだわりの商品を教えてください。

品川さん(以下敬称略)佃煮ですね。店舗で佃煮を作っているところは珍しく、当店は道南の真昆布を使っているのがポイントです。

武内 道南の昆布は珍しいものなのですか?

品川 温暖化の影響で昆布の収穫量は年々減っていて、真昆布に至っては今年の収穫量は0だったんです。それでもこの商品を楽しみにしてくれている方がいるので、作り続けます。

IMG_7756.JPG
IMG_9030.HEIC

武内 常連さんも多い志那河屋さんですが、印象に残っているお客様とのエピソードはありますか?

品川 以前、70歳と90歳くらいのおばあさんが2人で来店されて、90歳くらいの方が、「昔この子をおんぶしてきてたんですよ。」とおっしゃって。今となっては娘さんもご高齢だったので、若干戸惑いました。(笑)

武内 素敵ですね〜。お客様も志那河屋の味を代々受け継がれているのですね!志那河屋さんのこれからの野望はありますか?

品川 野望は特に。でも、このお店を続けて、次の​世代につなぐことですかね。

​志那河屋ってこんな店

二代目、常吉さんの

「あのときオレは」ここにいた!

DSC05261.JPG

自家製の佃煮は常吉さんが担当。

オススメは山椒昆布で山椒の実が入っており、ご飯のおともにもってこい!な商品 ♪

佃煮の桶は先代から受け継がれたものを塗りながら大切に使われている。

パッケージがレトロで目を惹く鯱こんぶ。

紙箱の側面には、

「美容に 健康に 楽しい旅行と観劇の友に」の文字。食べ出したら癖になる、志那河屋の鯱こんぶ ♪​是非、お試しあれ!

DSC05286.JPG

商品紹介

店舗情報

IMG_9015.HEIC

大須3丁目36-7

052-241-2204

10:00-19:00

火曜定休 

昆布好きの方は

​是非お越しください♪

常吉さん

昆布2.png
昆布1.png

康夫さん