駄菓子屋バー チャーリーズ

落語家の店主が演出する大人たちの憩いの場

飲食 駄菓子屋バー

dagashi_01.jpg

お酒を片手に、昔懐かしい駄菓子をほおばりながら、集った仲間と思い思いに語り合う。

日が落ちた頃、大須観音から北東に四分ほど歩くと、灯りに照らされた「チャーリーズ」の看板が。


扉を開けると、どんぐり帽子がトレードマークの店主・福三さんが、笑顔で迎え入れてくれる。


さすがは落語家、店内は彼の軽妙なトークで笑いに包まれ、お酒と駄菓子がどんどん進む。

天井や壁には福三さんが出演した公演ポスターがビッシリ。

落語家人生の軌跡を垣間見ることができる。

店内のメニュー板。

黒板にチョークで書かれている。

某袋麺のやきそばを作らせたら

右に出るものはいないとか。

店内には昭和感たっぷりの

たばこの看板や人形が。

​店主コメント

誰もがダラッとできる
実家のような空間になればいいな

駄菓子も大須も、栄や矢場町にあるような洒落た感じではないけど、組み合わせ次第でまた違った良さが出る。
僕は、ここが「誰もがくつろげる実家のような場所」になればいいなと思ってる。
残念ながら女性は口説けないけどね笑

店舗情報

駄菓子屋バーチャーリーズ
だがしやバー チャーリーズ

  大須2-7-46
☎    052-203-3456
  18:30~24:00
定休日 :不定
決済方法:

time_icon.png
address_icon.png
cash_icon.png